FC2ブログ

50歳からはじめる「20代のカラダづくり」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも、大学教授がダイエット中に何を食べるかを考えたとしたら[ダイエット中は、何をどのくらい食べればいい?]

おはようございます

本日は、公休日です。やっと、まともに記事の更新ができます。

きょうのテーマは、

“もしも、大学教授がダイエット中に何を食べるかを考えたとしたら[ダイエット中は、何をどのくらい食べればいい?] ”

で、おおくりします。

もしも、あなたが、高校時代(いや、中学まで遡るべきか?)、有り得ないことかもしれないけれど、一生懸命勉強したとして、やはり、有り得ないとは思うけど、成績優秀で、一流大学を卒業し、これまた、不可能とは思うけど、みごと大学教授なんて職業に就いて人様に学問のひとつでも教えている立場にいるとしたら、ダイエットやるにしても、きっと、こんな風にやるんじゃないかな…。

1.まず、厚生労働省が策上している「第5次改定日本人の栄養所要量」なんかで、自分の運動強度、年齢、体格のデータに照らし合わせて、各栄養素の一日あたりの必要量を洗い出す

2.つぎに、カロリーブックかなんかで、各栄養素を豊富に含んだ食品を探し出す

3.さらに、『必要な量だけ栄養素を摂取するには、何グラムくらいその食品を食べればいいんだ?』なんて考える

4.そして、全部の栄養素に対してチェックが終わったら、『これらの材料で、どんな料理がつくれるか?』で、頭を抱える

(ちなみに、『栄養所要量・簡易表示板』を用意しましたので、ご自分のデータをインプットして、各栄養素をどのくらい摂取すべきかを算出してみてください。)

栄養所要量・簡易表示板

年令:

性別: 女性男性

身長:

年令と性別を選び、下の「ひょうじ」ボタンを押してください。20歳以上の方は身長もお選びください
表示:

カロリー(kcal たんぱく質(g) 脂質(g) 糖質(g) カルシウム(mg)
鉄(mg) ビタミンA(IU) ビタミンB1(mg) ビタミンB2(mg) ビタミンC(mg)
資料:第5次改訂日本人の栄養所要量(厚生省)
糖質の値は、対エネルギー比50%~60%で計算されています

いかがですか?

もちろん、わたしやここに遊びに来てくれるブロ友、訪問者のみなさんは、こんなことをやっていられるほど、暇ではないと思います。


ぶっちゃけ、わたしなんか、紹介するのハバカラレルほど、いたって粗末な食事です(よく言えば、シンプル)。

えつ?。紹介してみろって?(…やだなぁ。…考えようによっては、パンツ脱ぐよりも恥ずかしい)











いいですよ。…こんなふうです(マジですから)。

朝:プロテインを牛乳で溶いたもの約300cc。バナナ1本。マルチビタミン・ミネラルをサプリメントで。

AM10:00頃:ソイジョイもしくは、カロリーメイト。あるいは、プロテインバーなど、100kcal~200kcalの補助食品をその日の気分で。

昼:鶏の胸肉を焼いたもの約100グラム。玉子焼き0.5個。

PM3:00頃:
ソイジョイもしくは、カロリーメイト。あるいは、プロテインバーなど、100kcal~200kcalの補助食品をその日の気分で。

夜(PM6:00頃):野菜サラダ200gくらい。豆乳150ccくらい。豆腐とワカメの味噌汁。鶏の胸肉を焼いたもの約100グラム。玉子焼き0.5個。

…あとは、コーヒーが大好きなので、一日に3~5杯(砂糖かぎりなくゼロ)を飲みます。

ほぼ、毎日、このパターンを繰り返しております(先日の健康相談のとき、栄養失調気味と、先生おっしゃいました)。

…いいんです。とりあえず、これでなんとかなってんですから。

かなりいい加減な食事なんで、ブロ友のふーこさん痩せ魂!さんの記事を見てると、「マジ?…さすがは、主婦。オレにはムリ」と感心しているのです(多分、minamiさんとは、いいとこ勝負だと思う)。

さて、本日のまとめ。

「継続は力なりと申します。あまり、細かいことに拘らずに、食べたい物を食べる。ただし、高タンパク・低脂肪・低糖質・低カロリーの原則は外れないようにね」 …すみません。面倒でしょうが、本日も、ポチッとお願いします!(笑) ブログランキングに登録しています。ご協力ください! 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

これを食べ過ぎたから、太ってしまったんだ!

きょうは、“栄養素の働き”について、知りましょう。これがわかれば、自分の健康状態に合わせて、何をどのくらい食べればいいのかの目安になりますから(何度も申し上げますが、栄養素によっては、余剰分を体外に排出せずに、脂肪細胞に取り込まれるものもある、ということを記憶に留めておいてください)。


わたしたちが正常に活動できるために必ず必要な栄養素は、5種類あります。

1.炭水化物
2.たんぱく質
3.脂質
4.ビタミン
5.ミネラル

これらは五大栄養素と呼ばれ、わたしたちのカラダにはなくてはならないものです。
それぞれの主な働きを見てみましょう。

■炭水化物 1gあたりのエネルギー値が4kcal
炭水化物を構成するのは、糖質と繊維質。糖質(ブドウ糖)は、唯一、脳の栄養源となるものです。ですから、炭水化物を抜いたダイエットは、絶対NG。考える力を低下させますからね。ただし、過剰摂取は、体脂肪になります。

■たんぱく質 1gあたりのエネルギー値が4kcal
たんぱく質は、身体を構成する成分として不可欠な栄養素です。食事制限などで不足すると、筋肉が作られなくなるので、基礎代謝が落ちます。また新しい細胞が作られなくなるので、肌の健康を損ないます。とかくダイエット中に犠牲になる栄養素です。意識的に摂取してください。ただし、過剰摂取は、体脂肪になります。

■脂質 1gあたりのエネルギー値が9kcal
脂質は、エネルギー貯蔵に優れる栄養素です。体内では脂肪となって体温維持、エネルギーの貯蔵、ホルモンバランスの調節、脂溶性ビタミンの吸収を良くするなどの役割があります。脂質は身体にとって不可欠な存在ですが、摂取量が多すぎると直接肥満につながり、血管での血液の流れが悪くなったり、成人病、生活習慣病、内臓型肥満と言われるメタボリックシンドロームをまねきます。

■ビタミン
ビタミンとは、身体の発育や活動を正常に機能させるために体内に微量必要とする重要な有機化合物です。ビタミンには、体内の脂質や糖質、たんぱく質の代謝に関与しているものが多くあり、ダイエットによる食事制限でビタミンが不足すると、代謝が落ちて痩せにくい身体になります。

■ミネラル(無機質)
ミネラルとは、人体を構成する元素である酸素、炭素、水素、窒素以外の元素を総称してミネラル(無機質)といいます。ミネラルは、約40種類存在していて、人体における無機質の含量は微量ですが、それぞれのミネラルは重量な役割を担っています。

いかがですか?。これら栄養素の働きを大雑把にでも知っておけば、食生活を改善する目安になりますね。

fukkin.jpg
最近は、薄っすらとですが、腹筋の存在がわかるようになってきました。これも、体脂肪率が下がったおかげです


ちなみに、わたしは、小学生の頃、“肥満児”でした。子ども心に、いつも、「なぜ、ぼくは、こんなに太っているんだろう。みんなはそれほど太っていないのに…」と不思議に思っていました。その子どもの頃の疑問が、最近、ようやく解けました!

それは、「食事の方法が間違っていたんです」。
わたしの母の食事の与え方は、こうでした。

『ポニー、きょうは何が食べたい?』

いつもこう尋ねるのでした。子どもの気持ちをたいせつにしていると言えば、聞こえはいいのですが、これは一歩間違うと、すごく怖い。栄養のバランスなんて、ぜんぜん反映されないメニューになってしまいます。加えて、少ないおかずで、たくさんのご飯を食べて、お腹を膨らませていました。おぼろげな記憶を辿ると、よく食べたものは、米、卵、インスタントラーメン。野菜をサラダで食べるなんて発想はありませんでした。

考えてみれば、“米”は炭水化物です。これは、動くためのエネルギーとして体内で使われる栄養素です(使われなければ、体脂肪になる!)。言葉を変えれば、動かないひとが食べると、大半が脂肪に変わるんです!!。つまり、炭水化物の正しい食べ方は、運動量に応じて、摂取量を調整しなければならないということなんですね。

現在、わたしの食事は、低炭水化物、高タンパク質、低脂質、低糖質、低カロリーが基準となっています。もちろん、野菜サラダは、ほぼ、毎食のように食べています。加えて、毎朝、必ず、野菜ジュースも飲んでいます(ほとんどカラダを動かさない仕事ですので、炭水化物をかなり少なくしました。ビタミンとミネラルは、サプリメントで補充)。

栄養素を意識しはじめると、必然的に、食事の内容が変わってきます。みなさんも、もう一度、日頃のメニューを見直してみてください。日頃食べているものを構成する栄養素がどんなものかを知れば、バランスのとれたメニューをつくることができます。

栄養バランスのとれた食事を摂ること。これこそが最も有効なダイエット方法です。次回は、「何を、どのくらいの量食べればいいのか?」について、考えてみたいと思います。

…すみません。面倒でしょうが、本日も、ポチッとお願いします!(笑)
ブログランキングに登録しています。ご協力ください!

人気ブログランキングへ





栄養素を考えずに食べるのは“自殺行為”

さて、本日より、必ず痩せるダイエットを行うための知識や方法について、
お話してゆこうと思います。みなさんがご存知の内容も多いと思いますが、
復習のつもりで、もう一度勉強してみてください。



…振り返ってみますと、わたしのダイエットの歴史は長く、途中、
中断していた時期もありますが、足掛け、5年くらいやっている
ことになります。




…早いものですね。体重78kgの三段腹をさすりながら、コンビニ弁当
を食べていた頃が、昨日のことのようです(それにしても、あの頃は
よく食べてました。主食が必ず2品ですから)。





わたしが、実際にダイエットに取り組み始めて、体重60kgまでに
到達するまでの時間は、記録に取ってないので正確なことは
わかりませんが、逆算してみますと、259日くらいと算出されます。
まずまずのペースでしょうか。


わたしがダイエットを決意してから、最初に取り組んだのは、
食事に関する知識を充実させることでした。

ネットや書籍で勉強し、
それまでの“野放し状態”だった食事を、素人ながらも、
栄養面から考察し、大幅に内容・量を改善したのです。




…どのように、改善したか、これがとてもたいせつなポイントですね。



ダイエットに関するブログやウエブサイトを見ていて気づくことですが、
「みなさん、栄養のバランスをよく考えていらしゃいます。しかし、それらの
食品を構成する栄養素が、わたしたちの体内でどんな働きをしているかを
ご存知でしょうか?」

最近は、ダイエットに関するテレビ番組も多く、そこで、
ダイエットに有効な食材を紹介してくれたりします。
みなさん、よくご存知で、キャベツや豆腐、
こんにゃく、バナナ、だいたいの食品は、摂取されているようです。


しかし、やみくもに食べることは、決して、カラダにはよくありません。いくら、ダイエットに
有効だからと、そればかり食べていたのでは、栄養に偏りが生じますし、
栄養素によっては、余剰分が体脂肪に変わってしまうものだってあるのですから。
知らずに、せっせと脂肪の元を食べていたということだってありえますね。

実際、わたしにも苦い経験があります。ピーナッツが大好きなわたしは、
いつも深夜、小腹がすくと、

「ピーナッツなら、小さくて量が少ないから太らないだろう」という、なんら
根拠のない理由で、一袋全部を平らげていました。

後日、栄養についての知識が多少なりとも身に付いたとき、
袋に表記されている主要成分を見て、愕然としました。

ピーナッツの大半は、“脂質”であり、体脂肪に直結している
栄養素でできている食品だったからです。
…自らの手で、デブへの道を加速していたのですね。
まさに、自殺行為です。



まず、わたしは提案します。

「深くは知る必要ありませんが、食物に含まれる“栄養素”に関心をもちましょう」

わたしたちのカラダをつくり動かす源泉となるもの、それは、栄養素です。


→次回へつづく

…すみません。面倒でしょうが、本日も、ポチッとお願いします!(笑)
ブログランキングに登録しています。ご協力ください!

人気ブログランキングへ





あなたは、あなたの夫とのセックスに満足していますか?

…このような話題で、すみません。不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
お詫び申し上げておきます。しかし、わたしが、ダイエットに取り組みはじめたひとつの
理由に、「セックスに強くなる」ということがあるもので。



わたしと元妻の年齢差は、約13歳。ずいぶんと年下の妻でした。同僚には、
よく『犯罪だろぉ!』などとひやかされたものです。



妻がとても若いということは、確かにありがたいと思う反面、不安になることも
多々ありました。いっしょになった頃は、まだよかったです。わたしにしたところ
で、30代、元気真っ盛りですからね。容貌にしたところで、まだまだ、衰えなんて
微塵も感じることはありませんでしたよ。

でも、それも10年も経てば状況は大きく変わります。ましてや、
結婚に胡坐をかくとでも言いますか、結婚したという安堵感から、
生活に緊張感はほとんんどなくなり、食事だって好きなもの食べ放題、
休日は家で寝転がってお終い。…もう、最悪でした。

体型は、大きく崩れ。運動能力は低下し、階段を数段上がっただけで、
心臓に負担がかかるのが感じられました。

夜のコミュニケーションだって、もう、自分本位。妻の気持ちを考えてやるなんてこと
思いもしませんでした(ただ、体力的なものも、確かに自信がなかったのは事実です)。

妻にしたところで、健康な女性。人並みに性欲もあったでしょう。口に出して言えなかった
でしょうが、きっと、不満に思っていたと思います。

妻との10年の結婚生活で学んだこと。それは、相手のことを思い遣るということ。
“相手を思い遣る”と言えば、つい、精神的な満足度に目を奪われがちですが、
われわれは、生きている生身の人間、生理的・肉体的なことにも
充分な配慮が必要であると、考えるようになりました。


わたしの「純愛ダイエット」という考え方は、いわゆる「ダイエット」の範疇に留まりません。
肉体的な成長とスタミナ増進を促す「ボディビル」も加えてのダイエット、
むしろ「純愛ボディメイキング」とでも呼んだほうが、その特徴が表現されています。

それに、痩せるというダイエット本来の意味からも、ただ脂肪を燃焼させて痩せるより、
筋肉で理想のフォルムをつくりながら痩せる(引き締める)ほうが、
かっこよくなるでしょうから。

…「痩せる」が、「みすぼらしくなってゆく」では、困りますもんね。

…すみません。面倒でしょうが、本日も、ポチッとお願いします!(笑)
ブログランキングに登録しています。ご協力ください!

人気ブログランキングへ








あなたは、あなたの夫を愛していますか?[純愛ダイエット]

だれも聞いてはいません。正直に、自分の心に問いかけてみてください。




『…わたしは、まだ、あの人のこと、愛してる?』





いかがでした?

…もし、よい答えが返ってくるようであれば、あなたのダイエットは、きっと、成功します。
(悲しい答えだとしたら?…あなたがダイエットに取り組む目的は、もしかして、
つぎの新しい幸せを探すための準備?…言わば、悲しいダイエットですね。
いかがでしょう?ダイエットに取り組むまえに、もう一度、ご主人のこと、見つめなおして
みませんか?…どうせなら、楽しい目的のためのダイエットの方が、ヤリガイがありますから)







実は、わたしは、現在、好きな女性がいます。…100%片思いですが。
…さすがに、妻と別れて3~4年も経つと気になる女性のひとりやふたり
できるものです(笑)。






…わたしのダイエットは、まだ、途中ですが、現在のところでも、
充分によい結果を得ています。このまま順調に行けば、とりあえずの目標である
「体脂肪率10%前後で、脇腹の体脂肪の除去。6パックの陰影をはっきりさせる」
も、かなり早い時期に達成できそうです。


わたしのダイエットがよい方向に向かう背景には、わたしの「心の状態」が
大きく影響していると自己分析しています。…どんな状態か?


…それは、「恋愛感情」。ある女性のことを、深く愛する気持ち、
これが、ダイエットに対するモチベーションを高くし、がんばりになっている
と思っています。


彼女は、美人です。年齢は、三十代半ば。モデルのように背が高く、
その容姿は、人目を惹きます。


わたしが、ダイエットに取り組み、がんばり続けているのは、そんな彼女に恋愛感情を
もつようになったからです。そう、彼女に釣り合うような男になりたいと考えてのことです。
かなりハードルが高いのですが…。

わたしの恋の行方は、これからも機会があればお話してゆきますが、
ここで、お伝えしたいたいせつなこと。それは、
「だれかを愛する気持ちは、自分を良化してくれる」ということです。
だれだって、好きなひとには、“ええカッコしたい”、よいところを見せたい
と思いますもんね。

わたしのダイエット法(?)は、自分の心の状態に大きく依存します。
ダイエットは、決して楽なものではありません。食事制限という負荷が、
カラダにかかるわけですから。そして、時間も必要。苦しい状況が、
いつ終わるともわからない状態で継続されるのです。
やはり、よい精神状態で臨むべきと考えています。

最後に、この歌を聴いてみてください。



あなたの思いは、必ず、最後には、勝ちます。信じてください。
(わたしは、いつだって、あなたを応援します。ともに闘いましょう!!)




…すみません。わたしが勝つための応援クリック、面倒でしょうがお願いします!(笑)
ブログランキングに登録しています。ご協力ください!

人気ブログランキングへ










プロフィール

50歳になったポニーボーイ

Author:50歳になったポニーボーイ
■ピーク時のカラダのデータ■
年齢:46歳
身長:172cm
腹囲:不明
体重:78.5kg
体脂肪率:不明
       [平成18年当時]
■最新のカラダのデータ■
年齢:50歳
身長:172cm
腹囲:74.5cm
体重:57.8kg
体脂肪率:13.4%
       [平成22年2月現在]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック

月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。